STICPAYでプリペイドカード利用開始

入出金方法

パイザカジノなどで利用できる決済方法「STICPAY(スティックペイ)」ですが、ATMでも使えるプリペイドカードが利用開始となりました。

 

これまで日本で利用不可になっていたはずですが「UnionPay Prepaid Card」のリリース案内があり、発行サービスがスタートしました。

今回は、STICPAYカードの申請方法や注意点、手数料・限度額などをまとめていきます。

 

STICPAY カードが使えるATM

個人的にSTICPAYカードが使える一番のメリットが「ATMで利用出来る」というポイントです。

STICPAYカードの場合はカード会社「UnionPay(銀聯)」と提携していますから、UnionPayと提携している全世界のATMで利用可能となります。

 

ちなみに、日本国内ではセブンイレブンのATMで使えます。

全国に約21,000店舗ありますから、これだけあれば十分です。

セブン銀行HPより引用

 

利用出来る時間も長いですから、STICPAYカードがあれば便利になりますね。

セブン銀行HPより引用

STICPAY カード利用にあたって

 

STICPAYのカードを利用するには、以下の準備が必要となります。

①カード申請を行う
②カードの有効化を行う
③カードへのチャージを行う

 

カードの申請は公式サイトにある「STICカード」⇒「申請」から行います。

審査をクリアすればカードを送られてきますので、その後また公式サイトにログインして「Card Activation」という有効化ボタンを選択しましょう。

パスワードを設定したら利用可能となりますので、アカウントからカードに現金をチャージすればATMでも利用出来るようになります。

 

ただし、STICPAYに35ドル以上入っていないと申請出来ませんので注意してください。

 

STICPAY カード限度額

 

STICPAYでは、以下のように限度額が決まっています。

内容 限度額
利用限度額(1日) $2,000
約22万円
決済可能金額(月間) $9,500
約105万円
ATM引出限度額(1日) $5,000
約55万円
ATM引出限度額(月間) $9,500
約105万円

 

限度額が低すぎるという事もありませんから、ほとんどの方は問題無さそうですね。

 

STICPAY カード手数料

 

手数料 手数料
入金時 1.30%
カード再発行時 HKD 130
ATM引出時 HKD 20
もしくは1%
会費(13か月目~) HKD 10
残高確認 ATM:HKD5
オンライン:無料

 

手数料は少しかかりますが、入金時1.3%+引出時1%なら、普通の出金方法よりも安く済みそうですね。

10HKD(香港ドル)は約140円ですから、会費がかかるのは地味に注意が必要です。

 

STICPAY カードまとめ

全体的に見て、悪くはない条件だと思います。

ecoPayzもカード発行が停止されていますから、ATMカードが使いたい方はSTICPAYかiWalletの二択になると思います。

 

もたもたしてると新規発行停止になる可能性もありますから、興味がある方はとりあえず作っておくのもアリだと思いますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました